コンテンツ

自分で排水管の水漏れを直す判断基準

軽微な修繕が自分でできるようになれば点検や掃除も出来るようになり、排水管からの水漏れを解消したり発生を抑制することが出来て一石二鳥です。最近はDIYも一般化してきたためある程度は自分で直せる人が増えてきています。しかし、簡単な修理なら可能ですが、症状が重いと判断したときには業者に任せることが大切です。

■明らかに水漏れの量が多い

明らかに水量が多く勢いがある水漏れの場合は、排水管の大きな損傷が考えられます。この場合に無理をして自分で修理しようとすると大きなトラブルに発展してしまう恐れがあるのでやめましょう。
そして、部品やパーツが探しても見つからず手配できない時は、探す時間も勿体ない上にその間も損傷が進んでしまうので、信頼できる業者に依頼する方が得策です。業者であれば知識に加えて修理に使う道具やパーツの所持数も豊富です。

■床下から水がにじみ出ている場合

床下からの水の染み出しや水漏れは大きな排水管の損傷が原因のことが多く、素人判断での修理は二次的被害の発生率が高まりますので自身での修繕は避けましょう。そして、一番肝心なのは修理業者に素早く依頼することです。あれこれと考えているうちに取り返しのつかない被害になる事が懸念されます。

■まとめ
やはり、いざという時は業者に迷わずに依頼しましょう。慌てるのと同時に自分で無理に対処しようとして、結果的に必要以上の工事を行うことになることが多いようです。費用も膨らむ上に、自身の資産である家にまで深刻な状況をもたらすこともあります。無理は禁物です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ