コンテンツ

排水管の水漏れで注意する箇所

キッチンやお風呂場の水漏れも慌てますが、一番の危険箇所はやはりトイレ 水漏れです。汚水を処理する構造になっておりスムーズな排水が求められます。実際に、業者への依頼で多い場所はトイレで、その症状は詰まって流れずに排水管から逆流してきたというパターンです。
では、業者を呼ぶ時に確認するべき項目をトイレの水漏れ、詰まりの場合で考えてみましょう。

■何が原因で詰まったのか

まず慌てずに確認する項目は、何が原因で排水管が詰まって水漏れが発生したかという点です。依頼の中で一番多いのはトイレットペーパーの流し過ぎによる逆流と詰まりです。
この場合、お湯を便器に流し入れ数十分放置してから再び流すことで解消される事があります。これは、トイレットペーパーが水に溶ける性質を利用した方法で、ほとんどの場合で有効です。注意点としては沸騰したお湯を使わないことです。熱すぎるとかえって便器を痛めてしまう可能性があります。

■エコの為の節水が仇に

水の使い過ぎを抑制するために、給水タンクの中にペットボトルなどを入れて重みを利用して節水している家庭も多いですが、詰まりやすくなったり水漏れの原因を引き起こしている可能性があるので見直しが必要です。
というのも、最近のトイレは節水設計になっていて流水量が少ない仕組みになっているタイプが多く、その上に節水してしまうと流れが悪くなり詰まりが発生し、水漏れの原因になってしまいます。

■まとめ
色々と検証して、それでも駄目な場合は潔く業者を呼んでトイレ 水漏れを修理してもらいましょう。時間が経てばその分被害が大きくなり後悔することになります。水漏れ対策はスピードが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ