コンテンツ

排水管からの水漏れでトイレ交換

トイレの水漏れで一番懸念されるのは大きな被害です。自身の家はもちろん、集合住宅の場合、階下への水漏れまで引き起こしかねません。被害を最小限に食い止めるために、まずは慌てずに対処しましょう。水漏れの原因が排水管とトイレの接合部分であると判断される場合、トイレ自体の損傷も考えられます。トイレの交換でなければ対応できない場合もあります。

■トイレ自体を交換することで水漏れを止める

トイレからの悪臭が気になったり、流れが悪いと感じ始めると同時期にトイレの床が濡れることが多くなります。この状況を放置すると徐々に水漏れが多くなり被害が大きくなる可能性があります。
この場合はトイレの交換を行うことで排水管とトイレの接合部分の不具合も解消され、水漏れが起こらなくなります。臭いや床の水漏れが気になり始めたらトイレ交換を検討してみるのも一つの方法です。

■費用は選ぶトイレの形状で変わる

最新のトイレは水をためておくタンクがないタンクレストイレが主流になりつつあります。この形状のものは費用もかかりますが、手入れが簡単で水漏れのリスクも軽減されます。工事にかかる時間も形状によって変わりますので業者に相談して決めましょう。

■まとめ
トイレ交換作業自体は1日で出来ますが、トイレ自体をメーカーに注文したり見積もりを数社で検討したりすることを考えると最低でも2週間の日数を考慮しておく必要があります。また、見積もりを取る時点で業者選びは慎重に行いましょう。設定以上の金額を最終段階で請求する悪徳業者も存在するためです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ