排水管からの水漏れは早めの修理を

排水管からの水漏れは早めの修理を 水道 修理の中でも依頼件数が多いのは排水管からの水漏れです。しかし、排水管から水が漏れているというのはなかなか見つけづらいものです。もし、漏水が発生したらどのように対処するべきかを平常時から確認し、万が一の時に慌てない様に準備をしておく必要があります。
初動の遅れで、二次的被害が広がる可能性もあり、マンション等の集合住宅の場合は周りへの被害拡大、特に階下への漏水といった大きなトラブルに発展してしまいます。いざという時にどのように解決していくべきか、また排水管から水漏れが発生する原因を知り日頃の整備や点検に活かしましょう。

■排水管からの水漏れ原因は

一番は、排水管そのものの経年劣化が考えられます。長年使用し続けていれば必然的にねじが緩んだり、管と管を繋いでいる接合部分が傷み損傷してしまう危険性が高まります。また金属でできている排水管でも汚れの蓄積などが原因で腐食が進み穴が開くこともあります。この腐食が進むことで排水口自体に亀裂が生じシンク下などの排水管の場合、そこから漏れた水で床下が水浸しで階下まで到達することが考えられます。
経年による劣化は防ぎようのないものですから日頃から点検を怠らない様にする注意力が必要です。戸建ての場合は築年数でおよその判断基準が出来ますが、マンション等、住人が入れ替わる物件の場合、排水口の設備点検がいつの時点で行われていたか、前の住人の時に漏水のトラブルが無かったかなどにも気を配りましょう。

■排水管が詰まることでの水漏れ
排水口はその構造上、汚れが溜まりやすく傷みやすい箇所です。汚れは詰まりの原因となり、その詰まりから水漏れへと発展していきます。
キッチンの排水口であれば食材カスや油汚れが原因で詰まりが起こります。またお風呂や、洗面所で有れば小さな固形物、例えば歯磨き粉やシャンプー等のキャップを誤って流したり、髪の毛が長い年月をかけて排水管内部に大量に溜まり水の流れを阻害することが原因になります。こうしてキャパシティーを超えて詰まりが起こると新たに流れたゴミが排水口に逆流してきて処理能力を大幅に超えてしまい漏水が起こりやすくなると考えられます。こうした汚れは普段の掃除で軽減することが出来ますのでしっかり取り組みましょう。

■水漏れが発生したら

水漏れの原因はある程度推定できるものですが、いざ大量の水漏れが発生してしまうと冷静に対処することはなかなか難しいものです。行動としてはまず、落ち着くことです。それから水の流れを断つことが重要になります。水が漏れている箇所を抑えても次々に水は流れてきますので止水栓を閉めましょう。
止水栓を閉めることで大元の流れを止めることが出来ます。この止水栓を閉める行動は、特にトイレからの漏水の際に汚水で大切な家財道具が汚れない様に被害を最小限に抑えるために重要な行動ですので、止水栓の位置の把握と止水の仕方を覚えておきましょう。

■まとめ
水漏れの原因は排水設備の経年劣化と汚れの蓄積による排水口自体の詰まりです。管の劣化は仕方の無いことなので、普段の生活の中で出来る汚れの蓄積の軽減を可能な限り行いましょう。普段からキッチンでは油をそのまま流さないとか、洗面所では髪の毛などは出来る限り取り除き排水口に流れ込まないように注意することが重要です。
それらに注意した上で、水漏れが発生した場合は慌てずに止水栓を閉めて業者に連絡し修理を依頼しましょう。依頼する業者選びも慌ててするのではなく事前にホームページ等でチェックして選定しておきましょう。水道 修理業者もかなりの件数存在していて業者によって特色もあります。色々な観点から業者選びを行うことをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース